内視鏡内科(胃カメラ、大腸カメラ、カプセル内視鏡)

内視鏡内科(胃カメラ、大腸カメラ、カプセル内視鏡)

「病気・症状のこと以外で心配する必要がないように」をポリシーに・・・

検査予約、検査時間、結果説明など利便性の高い内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ・カプセル内視鏡)を目指します。
日本内視鏡学会専門医・日本消化器病学会専門医である院長が責任もって行います。

患者様の苦痛を和らげる内視鏡検査

患者様の苦痛を和らげる内視鏡検査日本消化器病内視鏡学会内視鏡専門医・日本消化器病学会消化器病専門医・日本消化管学会指導医である院長が責任をもって内視鏡検査を実施いたします。
診察を元に必要に応じて行う胃カメラ、大腸カメラ、カプセル内視鏡などの内視鏡検査。お腹の中を見ることでより状態を把握しやすくなります。
一般的な内視鏡検査から高度な技術を必要とする癌の内視鏡手術を含め、15年にわたり内視鏡専門医として診察してきた技術をみなさまの検査や治療などに役立てたいと考えております。
内視鏡検査は患者さんの身体的・精神的苦痛や長い時間を必要とする検査です。当院では苦痛を和らげる内視鏡、利便性の高い胃カメラ・大腸カメラを心がけております。患者さんのご希望や状態に応じ軽い麻酔から眠っている間に終わるような深い麻酔まで使用も可能です。
今までの「胃カメラで痛い思いをした」「麻酔を使ったらフラフラになった」「大腸カメラは恥ずかしい」「下剤が大変」「仕事で検査の暇がない」など従来の方法で苦労されたか方は是非一度ご相談いただければと思います。患者さんの利便性を考慮した数々の方法をご提案でストレスを感じない内視鏡検査を目指しております。

太さ6mmの細径内視鏡を使用した鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)

当日の検査(当日の状況によります)、夕方検査、土曜検査も可能です。

鼻からの胃カメラ

鼻からの胃カメラ

当日の検査(当日の状況によります)、夕方検査、土曜検査も可能です。胃カメラなどの内視鏡の場合、口から入れると舌の根元に触れるため「オェッ」となる咽頭反射が起こります。この状態のまま検査をすることは苦痛な状態でした。そこで今、多く取り入れられてる鼻からスコープを入れる細径内視鏡検査。6mmという太さはうどんの麺とほぼ同じ太さ。検査中のコミュニケーションを行いながらの検査が可能になりました。
食事以外に事前に特に大きな準備もいりませんので東長崎駅周辺にお住いの方以外にも、椎名町、江古田、桜台などの西武池袋線沿線や要町・千川・小竹向原・新桜台などの有楽町線沿線、東武東上線沿線にお住いの方々にも安心してご来院いただいております。 当日の予約状況次第では当日検査も可能です。検査は午後も施行できる場合があります(午後検査は別途注意事項があります)。

胃カメラにかかる費用(3割負担の場合)

検査費用 約4000円
追加検査が必要になった場合の追加料金(病理検査、ピロリ菌検査など) 3000-6000円程度

上記に初診料または再診料、麻酔などの薬剤費、処方箋料などが追加されます。
15000円程度までかかることもございます。
1割負担の方は上記の1/3程度とお考え下さい。

胃カメラご予約の際は下記の注意事項をお読みになり、了承のうえご予約をお願いいたします。

  • 食事は前日の21時までに済ませ、当日の朝は絶食で来院してください。
  • 当日検査2時間前までは多少の飲水は可能ですが色のついた飲料は避けてください。
  • 全身麻酔・鎮静剤をご希望の方は必ず公共機関か徒歩でご来院ください。また当日の車、自転車、バイクなど運転は避けてください。

詳しくは下記リンクの胃カメラ承諾書をご覧ください。
内服薬のある方はお薬手帳など内服内容のわかるものをお持ちください。
胃カメラ問診表と胃カメラ承諾書をプリントアウトのうえ、当日持参いただけますと当日の受付がスムーズになります。

当日ポリープ切除も可能な大腸のカメラ

当日ポリープ切除も可能な大腸のカメラ

当日ポリープ切除も可能な大腸のカメラ

当日ポリープ切除も可能な大腸のカメラ大腸カメラは恥ずかしい、下剤が大変、仕事で検査の暇がないなど従来の方法で苦労されたか方もいらっしゃるとおもいます。当クリニックでは患者様に合った苦痛の少ない検査をスムーズに行っております。死亡率の高い大腸ガンなど、今では早期発見で治る場合が多くあります。検査時にポリープを発見し、内視鏡での切除が可能と判断した場合には、ご相談の上当日ポリープ切除を行います。患者様の大切なご都合やお気持ちを考えた検査のためにご相談が一番と考えております。
一般的には検査前に大量の下剤の服用が必要ですが、当院では下剤をご自身で内服しない方法もございます。詳しくはこちら

椎名町、江古田、桜台などの西武池袋線沿線や要町・千川・小竹向原・新桜台などの有楽町線沿線、東武東上線沿線にお住いの方々でも安心して検査を受けていただけるように院内で下剤が内服していただけます。

大腸カメラにかかる費用(3割負担の場合)

検査費用 約5000円
追加検査が必要になった場合の追加料金(病理検査など) 5000-10000円程度

上記に初診料または再診料、麻酔や下剤などの薬剤費、処方箋料などが追加されます。
20000円程度までかかることもございます。
1割負担の方は上記の1/3程度とお考え下さい。

ポリープ切除術に関わる費用(手術費、3割負担の場合)

大きさ部位により 20000-30000円

上記に初診料または再診料、麻酔や下剤などの薬剤費、処方箋料などが追加されます。
大腸カメラの検査日は手術費に含まれます。
1割負担の方は上記の1/3程度とお考え下さい。

大腸カメラの予約について

大腸カメラは基本的に事前診察をしておりますのでホームページからのご予約は承っておりません。
当日の検査をご希望される場合は下記注意事項をお読みになり朝9時に来院いただけますと当日の予約状況によって対応できる場合がございます。患者様の状態(便秘や腹痛など)により当日検査が承れない場合がございます。

  • 食事は前日の21時までに済ませ、当日の朝は絶食で来院してください。
  • 当日検査2時間前までは多少の飲水は可能ですが色のついた飲料は避けてください。
  • 全身麻酔・鎮静剤をご希望の方は必ず公共機関か徒歩でご来院ください。また当日の車、自転車、バイクなど運転は避けてください。
  • ポリープ切除に関しては各種制限がございます。
  • 抗凝固剤・抗血小板剤など血液をサラサラにする薬を内服している方は主治医の先生に中止の可否を判断してもらったうえで中止してください。

詳しくは下記リンクの承諾書をご覧ください。
大腸カメラ問診表と大腸カメラ承諾書をプリントアウトのうえ、当日持参いただけますと当日の受付がスムーズになります。
詳しくはこちらをご覧ください。


スマート大腸カメラについて

大腸カメラ検査に対して「時間的拘束が長く、複数回の通院が必要となる検査」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。当院では、仕事や子育てで忙しい方にも快適に検査を受けて頂けるよう、大腸カメラ検査のスマート化を図っており、その一つに<スマート大腸カメラ検査>があります。
スマート大腸カメラ検査は、事前受診をオンライン診療に置き換えることにより、必要となる通院回数を1回減らすことができる大腸カメラ検査です。時間的な都合により大腸カメラ検査を受けることを先延ばしにされている方は、ぜひスマート大腸カメラを活用して検査をお受け下さい。


胃カメラ・大腸カメラ同日施行できます。

皆さまの利便性を考慮して、当院では胃カメラ、大腸カメラの同日検査を行っております。
ご希望の方は一度ご来院をお願いします。


小腸カプセル内視鏡、大腸カプセル内視鏡

小腸カプセル内視鏡、大腸カプセル内視鏡当院では大腸と小腸のカプセル内視鏡をお受けいただけます。一定の要件はありますが、健康保険の適応範囲内で検査を受けることができます。
カプセル内視鏡の特徴は自然な姿の腸内状態を記録することができます。また水で飲み込むだけなので痛みや麻酔の必要もなく、検査中は日常生活を送るだけなので時間の拘束もありません。消化管の狭窄などがあるなど、検査できない場合もございます。事前にCTなどの検査をお願いするケースもございます。
(大腸カプセル内視鏡と小腸カプセル内視鏡は別検査であり同時に行うことはできません。また胃カメラと異なり胃や食道を観察することはできません。ご注意ください。)

カプセル内視鏡にかかる費用

検査費用 約30000円

上記に初診料または再診料、下剤などの薬剤費、処方箋料などが追加されます。
カプセル内視鏡の保険適応には一定の要件があります。詳しくはお問い合わせください


提携医療機関、紹介先医療機関

当院では患者様の状況に応じた専門医療機関へのご紹介も可能です。
病状や生活背景などを考慮した紹介先を提案させていただきます。

  • 東京大学付属病院
  • 日本大学医学部附属板橋病院
  • 順天堂大学医学部付属病院(本院、練馬病院)
  • 東京慈恵会医科大学付属病院(本院、第三、柏、葛飾)
  • JCHO東京新宿メディカルセンター
  • 東京都保健医療公社 豊島病院
  • がん研有明病院
  • 国立がん研究センター中央病院
  • 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター など
TOPへ