医療設備の紹介 ~院内設備をご覧ください~

おなかを診ることを中心に各種検査機器と新しい医療機器を取り入れています

医療設備の紹介安心安全な医療をみなさまに。
医療の最前線、地域のクリニックにおいても最先端の正確な医療技術は必要です。さまざまな症状でご来院していただく患者様の原因を早く見つけ出し治療計画を立てていきたい。そんな地域医療の窓口としても大切な役割を果たすためにも、当クリニックの医療設備と、そして新たに生み出される医療技術を取り入れ地域の最前線の医療現場にお届けできればと思います。

内視鏡検査システム(胃カメラ、大腸カメラ)

内視鏡検査システム(胃カメラ、大腸カメラ)おなかの中を映像で診るためのシステム。当院では特殊光観察も可能な最新の内視鏡システムを導入し、胃、食道、大腸などの検査をすることができます。
食道や胃を診るための胃カメラは、苦痛の少ない鼻から入れる経鼻内視鏡を採用しています。
大腸を診るための大腸カメラは拡大内視鏡を導入し、診断能を高めています。ポリープ発見時は当日切除も可能です。
全身麻酔にも対応しており、みなさまの体の負担を少しでも少なく検査することを心がけています。

カプセル内視鏡(小腸・大腸)

当院では大腸と小腸のカプセル内視鏡をお受けいただけます。一定の要件はありますが、健康保険の適応範囲内で検査を受けることができます。
カプセル内視鏡の特徴は自然な姿の腸内状態を記録することができます。また水で飲み込むだけなので痛みや麻酔の必要もなく、検査中は日常生活を送るだけなので時間の拘束もありません。消化管の狭窄などがあるなど、検査できない場合もございます。事前にCTなどの検査をお願いするケースもございます。
(大腸カプセル内視鏡と小腸カプセル内視鏡は別検査であり同時に行うことはできません。また胃カメラと異なり胃や食道を観察することはできません。ご注意ください。)

超音波検査(エコー検査)システム

超音波検査(エコー検査)システム体の外から内部を診るための医療機器です。主に腹部エコー・血管エコーなどに使用します。検査部の体表にゼリーをぬったプローブと呼ばれる検査ヘッドを当てて検査します。超音波のためレントゲンの様な被曝や痛みがないため安心して受けていただけます。すい臓や肝臓、腎臓などの臓器をスクリーニング検査し組織採取することなく異変の発見などに役立ちます。

フィブロスキャン検査

フィブロスキャン検査肝臓の硬さや脂肪の濃度を簡便に測るための検査機器です。脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎、各種肝疾患において、肝硬変への進展があるかどうかのチェックに使用します。
都内でもあまり導入されていない機器になります。

心電図検査

リズミカルに拍動する心臓。心臓は筋肉で構成される臓器、その筋肉にかすかな電流が流れることによって筋肉が興奮して動きます。この信号を捉え電気的活動を記録するのが心電図です。心臓それぞれに筋肉に対し心電図の電極を皮膚の上から貼るだけなので痛みはありません。また記録時間も短くて良いのです。拍動のリズムが乱れる「不整脈」や電気信号の異常から「心筋梗塞」「狭心症発作」などさまざまな症状を診断することが出来ます。

レントゲン

レントゲンX線という放射線を使い体の中を写し出します。体の中の密度の濃い骨のような部分は白く、肺や臓器の密度の薄い部分は黒い濃淡として映ります。骨折などの骨の状態を確認することはみなさんよく知られていますが、他にも肺、心臓などの臓器、そして腎結石などの石灰化症状と幅広くさまざまな箇所の検査をいたします。

コロンハイドロセラピー・大腸洗浄機(自費診療・内視鏡室設置)

コロンハイドロセラピー・大腸洗浄機(自費診療・内視鏡室設置)コロンハイドロセラピー(大腸洗浄)とは浄水した温水を使い腸内を洗浄する腸内洗浄システムです。
スピキュラと呼ばれる専用の器具を直腸より挿入し、温水を還流することで腸内に長期間こびりついた宿便どの悪影響のある老廃物を排出します。
訓練を受けた専従の女性看護師による腹部マッサージを同時に受けることでより効果的でかつリラックスした環境で施術を受けることができます。

高周波刺激装置(プロテクノPNF®・自費診療)

従来の低周波治療器とは異なり、体のより深い部分の筋肉(インナーマッスル)を刺激し鍛えることができます。アスリートも自身のメンテナンスに使用している装置です。刺激を与えたい筋肉に最適な位置に電極を貼り深部に電気的刺激を与えます。マッサージからトレーニング的なさまざまなモードで体質改善の目的に合わせた施術を行います。自費診療になりますが、みなさまのおなかの健康のひとつとしてお役にたてればと思います。

TOPへ