大腸がん ~大腸癌になる前に大腸カメラを受けましょう~

このような症状でお困りではありませんか?

  • 血便
  • 下痢と便秘の繰り返し
  • 便が細かくなる
  • 便が残る感じ
  • お腹の張り
  • 腹痛
  • 貧血
  • 腸閉塞

上記のような症状が頻繁に起こる方は大腸がんに罹患している可能性があります。
また、大腸がんではないにしても、他の病気を患っている可能性もあるため、単なる体調不良と自分で判断することは危険です。
病院で専門医による大腸内視鏡カメラ検査を受けるようにしましょう。

大腸がんとは

 大腸がんは大腸に発生するがんです。結腸(盲腸からS状結腸)までにできる「結腸 がん」と直腸にできる「直腸がん」の2種類に分けることができます。
男性では罹患数4位・死亡数3位、女性では罹患数3位・死亡数1位で、  データでは、年間男性で約9万人、女性で約7万人、合計16万人が大腸がんと診断されています。
(データ出典:https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/short_pred.html)

大腸がんの死亡率と危険性

大腸がんの死亡率はステージごとに異なります。ステージは0~4の5段階に分けられ、0に近いステージほど進行が進んでおらず、逆に4に近いステージほど病気が進行していることになります。
ステージ4の段階にもなると治る確率は低くなる一方で、ステージ0,1の段階ではほとんどの患者さんが治っています。だからこそ早期の発見とそれを実現する大腸内視鏡カメラ検査を受けることが大切です。

大腸がんの原因

大腸がんの原因としては、下記の理由が挙げられます。

  • 赤身の肉(牛・豚など)、加工肉(ハム・ソーセージなど)の日常的な摂取
  • 過度な飲酒、喫煙
  • 体脂肪の過多、腹部の肥満
  • 家系によるもの

日々の食生活などの生活習慣が大腸がんの発生と密接に関係しています。
カルシウム、牛乳、ニンニク、食物繊維の摂取や運動習慣により大腸がんの発生を予防することができると考えられているので、大腸がんの原因となる生活習慣を取り除くとともに、大腸がんを予防する生活習慣を取り入れていくことが必要です。

当院の大腸内視鏡カメラ検査

大腸カメラ検査大腸がんであるかどうかを判断するためには、大腸内視鏡カメラ検査が必須です。当院では内視鏡専門医が丁寧に検査を行うため、安心してお申し出下さい。
当院の大腸カメラの詳細は下記をご覧下さい。

大腸がんの早期発見は当院へ

先述したように、大腸がんであるかどうかを判断するためには大腸内視鏡カメラ検査は必要不可欠であり、できる限り早期の発見と、適切な治療を施すことが重要です。
当院は、大腸内視鏡カメラ検査に非常に注力しているクリニックです。
まだ検査を受けたことがない方は検査を受けることに不安があるかと思いますが、当院では「痛くない検査」、「気軽に受けられる検査」を患者様に提供することを心掛けております。「大腸がんかも、、、」、「全然検診を受けていなくて心配だ」という方は、まずはお気軽に当院にご相談下さい。

TOPへ