春のアレルギーは花粉だけではない | 梅岡耳鼻咽喉科クリニック(阪神西宮駅前)
阪神西宮駅前
梅岡耳鼻咽喉科クリニック
Web受付 (当日の順番をとる受付)

春のアレルギーは花粉だけではない

投稿日:2021/02/17|カテゴリ:お知らせ

「黄砂」って聞いたことはありませんか?

黄砂とは中国やモンゴルの砂漠などから偏西風に乗って
から鉱物や砂の粒が日本までやってくることです。

ニュースになることもあり、うっすらの空気の色が黄色っぽくなる、
洗濯物や車に砂がついてしまい困った経験をされたことがある方も多いと思います。

最近は黄砂に加えてPM2.5という目にも見えないくらい
小さい超微粒子も日本へ偏西風に乗って飛んできています。

「花粉症ではないけど、鼻炎症状やかゆみを感じる」方は
もしかすると黄砂が影響しているかもしれません。

 

黄砂やPM2.5が体内(肺など)に入ることで花粉症と同じように
目・鼻・喉・肌などにアレルギー症状が出ることがあります出ます。

さらに花粉よりも小さな粒のため、肺にも入り込んでしまいます。

まずは黄砂やPM2.5を体内に取り込まないような対策をすることが大切です。
対策としては花粉と同じ対策をすることが有効です。

・マスクや眼鏡などで黄砂の付着や体内への取り込まないようにする
・長袖などで肌が直接空気(黄砂など)に触れないようにする
・外出から帰った際には服に付着した黄砂などを払う
・手洗いやうがいなどの励行

黄砂はアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)ではないので
検査をしても分かりませんが、クリニックでは、アレルギー症状を抑える薬として
抗アレルギーの薬の内服、鼻腔に直接噴霧する点鼻薬、点眼薬などがありますので
症状に応じて処方いたします。

・鼻水がよく出る
・鼻がよく詰まる
・目がかゆい

 冬の終わり~春は一年で一番黄砂が多く、花粉の飛散時期と重なります。
このようなアレルギー症状を感じたら、まずはクリニックまでご相談ください。