アレルギー(舌下免疫療法)と
おなか

舌下免疫療法 舌下免疫療法
舌下免疫療法神戸本山うめはなこどもクリニック

一年を通して辛い通年性アレルギー性鼻炎の患者さんは日本人の4人に1人とも言われています。

そして、通年性のアレルギー性鼻炎を起こす原因としてハウスダストが広く知られていますが、
そのハウスダストの 70~90%がダニということをご存知ですか?
実にハウスダスト1gの中には何万匹ものダニやダニの死骸がいると言われているのです。

ですから、一年を通してアレルギー性鼻炎で困っていらっしゃる患者さんのほとんどがダニに対するアレルギーです。一年中アレルギー症状をお持ちの方には、是非、ダニのアレルギーがあるかどうかを血液を採取して検査してみることをお勧めします。

もし、ダニが原因と分かれば、
アレルギー性鼻炎を根本から治せる
可能性があります。

それは舌の下にお薬を投与する、
舌下免疫療法

 

一般的に行われている抗アレルギー薬の内服や点鼻薬・点眼薬などでの治療は、今出ている症状を抑えたり軽減するための対処療法、患者さんの過剰な免疫反応を根本から治す治療ではありません。

ダニアレルギーを改善する免疫療法

それに対して、舌下免疫療法は患者さんの過剰な免疫反応を根本から治すことが望めるのです。

舌下免疫療法は、
ダニアレルギーを改善する免疫療法

ダニアレルギーでくしゃみ

2015年12月から12歳以上の患者さんが対象の治療として認められていましたが、 2018年2月から12歳未満のお子さんでも行えることになりました。対象年齢は5歳からとなっていますが、実際には毎日錠剤を舌下(舌の裏)に1~2分含んでいなければなりません。なので、おおむね小学校に入学したくらいの患者さんは治療を受けていただけるのではないでしょうか。

アレルギー性鼻炎に対する免疫療法は年齢が低いほど効果が得られやすいとも言われています。一年中うっとうしいアレルギー性鼻炎でお困りのお子さんは、舌下免疫療法を思い切って開始してみてはいかがでしょうか。

舌下免疫療法の特長

舌下免疫療法とは

ダニや花粉などに対して過剰に反応して、連続してくしゃみが出たり、水のような鼻汁が止まらない病気がアレルギー性鼻炎です。
アレルギー性鼻炎でクリニックを受診すると、出ている症状を緩和する抗アレルギー薬を内服するほか、点鼻薬や点眼薬を症状に合わせて使う対症療法を行うのが通常です。
これに対して、
ダニや花粉に過剰反応する体質そのものを改善する治療が免疫療法です。

免疫療法には二つあり、まず最初に開発されたのが「皮下免疫療法 」で、2~5年間クリニックに毎週通って、アレルギーを起こす原因となる物質の注射液を少しずつ皮下注射し、徐々にアレルギー物質に身体を慣らしていく治療法です。何年にもわたって毎週通院するうえに毎回痛い思いをするということがネックとなります。

舌下免疫療法

二つ目が、後から開発された「舌下免疫療法」で、アレルギー物質の錠剤を舌下 (舌の裏)に含むだけの治療です。注射のように痛みがなく、落ち着けば基本的には月1回クリニックで経過観察を受けながら、家で毎日1錠ずつ口に含むだけなので、歯磨きをするように習慣化できればお子さんでも楽に治療が続けられます。
お子さんがこれからの長い一生で、アレルギー性鼻炎で悩むことなく生活できる可能性がある治療法が「舌下免疫療法」なのです。

舌下免疫療法
専門サイトはこちら

このような患者さんに
特にお勧めします

  1. 治療期間が長くても根本的に治したいと思っている人
  2. 飲み薬や点鼻薬、点眼薬を使っても症状が改善されない人
  3. 飲み薬で眠気などの副反応が強い人

舌下免疫療法の進め方

舌下免疫療法進め方
  1. 1. アレルギー性鼻炎の原因がダニであることを血液検査で確認します。
  2. 2. 初回は、クリニックでスタッフの指導のもと、低濃度の1錠を舌下に置き、 1分間保持したのち飲み込みます(その後5分間は飲食やうがいは控えてください)
    30分くらい待合室で副反応が出ないか様子を見ます。
  3. 3. 問題がなければ、翌日から1週間、毎日家で舌下錠を同様に使用し、1週間経ったら受診します。1週間目以降は高濃度の1錠を同様に使用します。
  4. 4. 副反応の有無を観察しながら1カ月に1度の通院で3~5年、最低でも3年間 は続けます。
  5. 5. 治療の効果が出るまでに1年以上かかります。様子を見ながら出ている症状 に合わせて今までのアレルギーのお薬を併用します。

舌下免疫療法の効果は、治療期間の長さに関係すると言われています。
ですから舌下免疫療法を長く行えば、それだけ長い期間効くというわけです。

服用方法

舌の下に置く

1分間保持後、
飲み込む

5分間は、
うがい・飲食を
控える

治療に当たり
ご注意いただきたいこと

  1. ダニに対するアレルギー性鼻炎の治療法であるため、その他の原因によるアレルギー性鼻炎には効果がありません。
  2. ダニに対する抗体値が高い場合でも、それ以外にもアレルギーの原因となる物質もお持ちの人では効果が得られないことがあります。
  3. 鼻炎以外のダニに対するアレルギーの治療薬ではありません。(喘息やアトピー性皮膚炎の治療薬ではありません)
  4. スギの花粉症の舌下免疫療法と同時に行えません。どちらのアレルギーもお持ちの人は、血液検査で抗体値が高い原因物質の治療を優先させます。

舌下免疫療法を行ううえで
ご理解いただきたいこと

  1. すっかり症状が消える人は、3年以上継続治療をされた人の30%程度と言われています。
  2. 効果を実感していただける人は80%程度と言われています。つまり、約20%の方は効果が出ません。
  3. アレルギー物質を身体に取り入れるため、軽い副反応が約65%の人に現れます。その多くは口の中の腫れやかゆみ等ですが、軽症ですので何もしなくても次第に治るのが通常です。症状が長引く場合は、受診してください。
  4. 初回はクリニックで使用してしばらく様子を見るなど、安心して治療していただける環境を整えていますが、アナフィラキシーショックなど絶対に命に関わるような重大な副反応が出ないとは言い切れません。ただし、今までにそのような事例はありません。

副反応について

下記のような反応が出た場合には様子を観察し、症状が長引くようなら翌日受診してください。
ほとんどの場合、何もせずに徐々に治ります。

患者さんの約15%に起こるもの

  • 口の中の腫れやかゆみ
  • 口やのどの違和感
  • 耳のかゆみ

患者さんの約5%に起こるもの

  • 口内炎や舌炎
  • 舌や唇の腫れ、かゆみ
  • のどの腫れやかゆみ
  • お腹の不快感、むかつき

重大な副反応について

舌下免疫療法で下記のような副反応の報告はありませんが、絶対起きないと言い 切れません。下記のようなアナフィラキシー症状が出た場合には、ただちに救急車を呼ぶなど迅速な対応が必要です。

突然のショック症状

  • 意識が遠くなる
  • 呼びかけても返事をしない
  • 脈が速くなる
  • 不整脈
  • 血圧低下
  • 胸が絞めつけられる
  • 呼吸がしづらい
  • 呼吸がゼーゼー・
    ヒューヒューする
  • 顔色が悪くなる
  • 顔が腫れる
  • 全身が赤らむ
  • 蕁麻疹が出る
  • 目がよく見えない
  • 視野が狭くなる
  • 胃が痛いのが続
  • 嘔吐が続く

舌下免疫療法が
受けられない人

  1. ダニのアレルギー性鼻炎ではない人
    (初診時に採血によるダニのアレルギー性鼻炎が否かの検査が必ず必要です)
  2. 5歳未満のお子さん
  3. 重度の気管支喘息のある人

治療に際して
相談を要する人

  1. ダニアレルゲンを使った治療や検査でアレルギー症状を起こしたことがある人
  2. 気管支喘息をお持ちの人
  3. 悪性腫瘍(がん)や免疫系の病気をお持ちの人
  4. 抜歯や口腔の術後や口の中に傷や炎症がある人
  5. 重症の心疾患や肺疾患、高血圧症のある人
  6. ステロイド薬の内服薬や注射薬の投与を受けている人
  7. 服用中のお薬のある人
    (非選択性β遮断薬:高血圧の治療、
    三環系抗うつ薬:心の治療、
    モノアミンオキシターゼ阻害薬:心やパーキンソン病の治療薬)
ページトップへ戻る