お知らせ

院内迅速検査(インフルエンザ、溶連菌、RSウイルス、アデノウイルスなど)
施行について

日本医師会より、検査時のウイルス飛散を予防するため(咳嗽などを誘発してしまう)に、 インフルエンザなどの迅速検査の施行に関しては、ゴーグル・ガウン・手袋などの標準予防策をとるように通達がありました。
しかし、医療物品の著しい不足のために対象者全員に対してこれらの予防策をとることは困難です。
そのため、診察所見と周囲の流行歴等から判断して、迅速検査を行わずに抗インフルエンザ薬や抗菌薬の使用の適否を判断させていただく場合もありますのでご了承ください。

ページトップへ戻る