食道粘膜下腫瘍 ~焦らず胃カメラ検査を受けましょう。~

文字通り食道の正常粘膜の下に存在する腫瘍のことであり、腫瘍の表面は正常粘膜で覆われているため内視鏡検査では正常粘膜が盛り上がっているように見えます。

原因

食道に発生する粘膜下腫瘍はほとんどが良性疾患です。食道粘膜下腫瘍の70%は良性の平滑筋種であり、その他には、顆粒細胞腫、血管腫、脂肪腫、神経原性腫瘍、食道嚢胞、GIST(ジスト)などがあります。

症状

症状はないことが大半です。腫瘍が大きくなると胸痛や胸のつまり感、腫瘍からの出血で下血や貧血をきたすことがあります。

検査

検査胃X線検査(胃レントゲン検査)、内視鏡(胃カメラ)を用いた組織生検、超音波内視鏡(EUS)での穿刺吸引術(EUS-FNA)、CT・MRIでの画像検査があります。

治療

腫瘍のサイズ、形態、組織などによって経過観察となるケースも多いです。治療が必要なケースでは手術、抗がん剤治療が行われることがあります。

1) Portable, G. et al.:int. J. Surg. Pathol., 15:393-396, 2007.
2) Seremetis, M. G. et al.:Cancer, 38:2166-2177, 1976.
3) Tran, T. et al.:Am. J. Gastroenterol., 100:162-168, 2005.
4) 吉永繁高ら:消化管粘膜下腫瘍の診断治療戦略:医学のあゆみ vol.245 No.11:925-931, 2013.

TOPへ