ブログ

待合室への音や声の漏れにつきましてのご報告

こんにちは。

以前からご意見を頂いておりました、待合室への音や声の漏れにつきましてのご報告です。

プライバシーの観点からも早急に取り組むべく、色々な対策を講じておりました。

その中でも効果が高いと感じた「スピーチプライバシーシステム」を導入致しました。

人の声から合成した情報マスキング音というものが小型の機械から流れます。

そのマスキング音で会話の内容を不明瞭にするという仕組みになります。

また、そのマスキング音自体も不快感の少なくなるように設計されています。

(機械詳細についてはこちら

 

 

診察室を始め、会話時の声の大きさやトーンなど、人が関わる部分につきましては、

これまで同様に注力して、少しでもお体のこと以外の不安や心配事が減るような

クリニック作りに努めて参ります。

この度は、貴重なご意見を頂き、本当にありがとうございました。

なかなかご意見を伝えるというのは容易ではないと思いますので、本当にありがたく感じております。

これからも、どうぞお気軽にお申しつけください。

 

 

暑さや湿気が本格化してきましたので、どうぞ皆さま、お体お気をつけて。

 

TOPへ