ブログ

2点間の直線距離:はまコラム

こんにちは。

「おなかの悩みから解放されることで人生を楽しく過ごせるお手伝いがしたい」

東長崎駅前内科クリニックメンバーの  はまだ です。

 

梅雨入りして、何だかじめじめ……。

でも最近、傘を新調しました♡

花がぱっと咲くようで、私としては雨も悪くないかななんて思っています。

 

 

 

今日は、はまコラム。最近感じることのつぶやきです。

今年は色んな意味で変化がたくさんの年で、コロナウイルスの件から始まり、プライベートでは

保護者役員を4件も掛け持ちするという、何だかよく分からない状況に……

仕事もプライベートも、何だかよく動く年になってきたような気がします。

 

 

そんな中で、ふと感じていることが。

頑張ること。取り組んできたことは繋がるんだなということ。

頑張るって、何だかいいような悪いような、そんなイメージもあったのですが。

頑張るだけじゃいいことじゃないかも……と。

確かにそういう面もあって、休む時と蓄えるときと色んなときがあるんだけれど、

そんなことも含めて、取り組んできたことは繋がっていくなと感じる瞬間が時折あります。

 

 

 

昔はひとつの資料を作るのにも、とっても時間がかかりました。

ちょっとしたことが出来ず、あああ~~~~となったり。

頭をが~と、ぐちゃぐちゃっとしたくなったり。

自分の時間の中でどうやって行くのか。

こんなに時間かかるんなら、取り組みにくいなぁなんて思って、少し避けたり。

資料だけじゃなくて、めんどくさいなと思うことも多々ありました。

でも、そんな中でも否応なしに取り組まないといけない環境が、少しずつハードルを低くしてくれて。

そして量を重ねることに繋がっていったような気がします。

 

プライベートでも、集まりもできず、状況も変化し、例年と同じとは行かない不安定な期。

そこから保護者会のPDF作ったらいいのかも! オンライン何に使える? と思い

それを見て、不安が少し軽くなったと言ってくださる方たちもいて。

私、これならできるよ! と声を上げてくれる人もいて。

ああ、ありがたいな。嬉しいな。

そう思えたりすることが増えました。

 

 

自分には難しいなと思っていたこと。

自分は向いていないなと思ったこと。

でも、それが時間差があっても繋がっていく。

一見関係ないことも、繋がっていくかもしれない。

そして、その取り組んできたことは、自分を越えて周りへと繋がっていく。

そんなうまくいくことはないと思っても、積み重ねの力は本当に大きい。

チャンスはチャンスの顔をしてくるとは限らないし、友好的とも限らない。

変化をチャンスにしていけるのも積み重ねなのかもしれません。

 

私の好きな言葉の一つ

「人生における2点間の最短距離は、直線とは限らない」

直線も、ぐねぐね曲線も、そして点のままでも。何でもOK。

その時間を過ごしたこと自体が素敵なのです。

そんな思いを胸に秘めて、いい時も。そうでない時も。

日々を積み重ねていきたい。そう思うこの頃でした。

 

 

 

たわいもないつぶやきを読んでくださり、ありがとうございます♡

たわいもないついでに、最近読み返して、今だからこそ染みた言葉を。

昔は怖かった思い出があるけれど、やっぱり読み継がれているものは深いです。

 

「モモ」ミヒャエル・エンデ 

 

 

 

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな?

 つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひと掃きのことだけを考えるんだ。

 いつもただつぎのことだけをな。」


 また一休みして、考えこみ、それから、

 

 「するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな、

  たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。」

 

出典:ミヒャエル・エンデ(1976)『モモ』、大島かおり訳(2005)岩波少年文庫、52-53ページ

 

 

次回のスタッフブログもお楽しみに!

 

TOPへ