ブログ

まず動いてみる:はまコラム

こんにちは。

「おなかの悩みから解放されることで人生を楽しく過ごせるお手伝いがしたい」

東長崎駅前内科クリニックメンバーの  はまだ です。

 

肌寒い日が続きますね。

気圧の変化もあるので、頭痛が辛かったり、体調の変化は大丈夫でしょうか?

半袖を出したかと思えば、何だかぶるっとする最近。

免疫が弱りやすいといわれている6月に入ってくるので、体調整えていきたいですね。

(更新不良でアップが遅くなりすいません!)

 

 

今日は、久しぶりのはまコラム。つぶやきです。

 

3月から始まった学校休校、そして緊急事態宣言。

ゆっくりの変化ではなく、急激に変わった変化。

どうしようかななんて悠長に考えている時間はなく、やりながら試行錯誤していくしかない日々でした。

学校が休校になる。保育園も自粛から臨時休園になる。

ああ、またもここで来ました。核家族のもろさ。

幸い職場の環境も、夫の環境も何とかなる環境だったことに、ありがたいなと思いつつ。

自分の働き方というものに対して、とても考えた期間でもありました。

 

今までも綱渡りな状態は変わらないけれど、それに予測不能なことが起き、ずっと継続していくとしたら。

やっぱり働くを続けていきたい。

そう思ったとき、自分が持つ選択肢を増やしていくことが、スピードを増して求められていくんじゃないかなと強く感じています。

 

 

今まではこれでいけた。

やっぱり今までの方がいいよねという感覚もある一面で、この数か月間で一番強く感じたのは、

まず、やってみること。

それがないと始まらないなぁ。何でもいいから、まず動く。

考えて動くことも大事だけど、動いてから考えてもいいかなと。

特に変化を目の前にすると、動きづらくなるのが体の反応として出てくるので、まずは動く。

 

そうは言っても動けないんだよなぁというのも、私もよ~くあります。

そんな時にふと思ったことは、理由を考えているときは動けないなぁと。

理由を考えているうちに「動かない理由」「できない前提の理由」が次々に挙がってくる。

だから、まずは、一つだけでも、

「動ける」「できる前提」で、子供のころみたいに、動いてから考える。

そんなことを意識しています。

 

           (関係ないけれど、なぜか柴犬には癒されます……♡)

 

 

息子たちが、ぼそっと話していた会話。

「成功って、失敗のもとなんだよね」

「いやいや、違うでしょ~」

「失敗は成功のもとなんだよ~」

これ、どっちも実は深いんじゃないかぁなんて、横でふむふむと聞いていた母でした。

 

 

 

今日も、はまだのつぶやきに付き合ってくださり、ありがとうございます♡

肌寒い週末、どうぞお気をつけて。

次回の更新もお楽しみに。

TOPへ