ブログ

はまコラム:在宅勤務を経験して

こんにちは。

「おなかの悩みから解放されることで人生を楽しく過ごせるお手伝いがしたい」

東長崎駅前内科クリニックメンバーの  はまだ です。

 

最近は、しとしとと雨が続いているような、そんな気がします。

そう思うのも、小学生組が「今日も雨だ~」と有り余るエネルギーを部屋の中で溜めているから。

普段は、そんなに気にならない天気も、アンテナが立つと気になってくる。

情報の入り具合が変わってくる。アンテナってすごいなぁと思う日々です。

 

 

さてさて、休校措置や感染予防の観点から、クリニックでも今月初めより、少しずつ在宅勤務の取り入れを始めています。

今日は、そのお話からの、はまコラムです。

 

 

在宅勤務。この取り組み、本当にありがたい!!

医療業界ということもあって、現場に出ないと仕事にならないよなぁとよく思っていた、総合病院時代。

子供の急な発熱や、長引く保育園のお休み。

もちろん看病の時間も多いのですが、少し空いた時間に、ああ少しでも何か出来たら……と思うことはたくさんありました。

働きたいけれど、働けない。

罪悪感とともに、それが重なれば、働く意味さえ見失いがちになることも。

でもテレワークや在宅は、業界を選ぶかなぁとよく思っていました。

クリニックという小さな組織という面もあるかと思いますが、現場に赴かなくても、何かの貢献ができる。

そんな働き方を選ぶこともできるというのは、本当にありがたいなぁと。

昔は消極的な理由からでしたが、実際にやってみると、在宅いいなぁと強く思います。

 

通勤時間の分が時間が作れる。

今回は子供も一緒にだったので、お昼休憩には一緒にご飯を食べて、NHK連続テレビ小説を見る。

(↑ 私、あんまりテレビには詳しくないのですが、昔から好きなんです~。

  でも仕事なので、たま~にしか見られず。育休中の楽しみでした。

  今回のクールはたくさん見ることが出来て、嬉しいです(笑)

 

「おか~さん、意外にパソコン打つの上手いんだね」と息子に言われて、えへん。とドヤ顔できる。

(大人げないですが……)

などなど、ありがたいなぁと思うことがたくさん。

 

 

もちろん、現場で頑張ってくれているメンバーがいるからこそ。

理解してくださっている患者さんがいてくださるからこそなのですが。

そして、タイムマネージメントや情報管理の問題、優先性の問題などのたくさんの課題があると思いますが、きっとこれから、色々な働き方の一つの選択肢になるのではと思います。

 

 

ああよかったなぁ。働けるっていいな。選べるっていいな。

そんな思いが働くを支えて、色々なライフステージを支えて、チームや組織、社会を支えて、

いつか働きやすさという言葉さえも出なくなっているような、また一歩進んだ環境に近づいていきたいなと思います。

 

変化も多く、不安も大きくなりがちだけれど、今を見つつ、今できること。

今感じることを大事にして、これを一つの節目としていきたいなと思うこの頃です。

 

 

次回のスタッフブログは金曜日に更新します。

どうぞお楽しみに。

TOPへ