ブログ

疲れたときに嬉しい、ずぼら飯

こんにちは。

「おなかの悩みから解放されることで人生を楽しく過ごせるお手伝いがしたい」

東長崎駅前内科クリニックメンバーの  はまだ です。

 

今週は暑くなったり、じっとり雨だったり。

湿気で蒸していたりと、何かと気候の変化が体に伝わりやすい週でしたね。

金曜日だけれど、あともう少し踏ん張りたい!

 

今日は、そんなお疲れモードの時に、ほっと癒されてお箸が進む。

少しの酸味が元気が出そうな気がする、暑い気季節にお気にいりのずぼら飯です。

 

「キュウリとささみのごま風味…… サラダ?」

 

キュウリが瑞々しさを増してきた、今日この頃。

袋入りのキュウリを見つけると、あれ食べたいなとふと思い出す味。

 

①ささみは筋を取って、薄く片栗粉をまぶす。

②沸騰したお湯にいれて1分程度グラグラと。

③そのまま蓋をして30分程度放置する。

④中に火が通っていたら、食べやすい大きさにほぐす。

(このゆで汁も、中華スープのもとを入れて卵を溶けば、いいお味のスープに!)

 

 



 

⑤キュウリは少しの塩で板ずりして、少し大きめに切る。

(味が染みてくるとしんなりするから、個人的には大きめが好きです)

⑥保存容器などにささみとキュウリを入れて、砂糖、しょうゆ、お酢を

 同じ分量入れる(キュウリ1袋だと、大さじ2杯ずつくらい)

⑦あればすりごま、なければ胡麻ドレッシングやしゃぶしゃぶのたれなどを

 少し隠し味程度に入れる。ごま油を少々入れる。

⑧よーく混ぜて、味をなじませる。すぐよりも、1日たったくらいが食べごろです。

 大人は辛味を加えても!

 

 


 

 

……と何とも適当な作り方ですが、暑い日にあんまり火を使わないのが嬉しい。

そして、冷蔵庫で3~4日は持つので、あると便利な一品です。

よかったら、どうぞお試しを!

 

 

今日で5月も終わりですね。

6月も体調を整えていきましょう。

次回のスタッフブログは、月曜日に更新します。

どうぞ、お楽しみに。

 

 

TOPへ