ブログ

疲れたときのずぼら飯

皆さん、こんにちは!
東長崎駅前内科クリニックの濱田です。
朝から、何だかいつもに増して冷気を感じます。
今日はうっすらと雪が降るそうですね。

今日は、ぱぱっと晩御飯の紹介をします。
週の真ん中水曜日。
何だか疲れたなぁと思って時計を見ると、もうこんな時間!
でも、ご飯を作るのもめんどくさい……。
そんな時に度々作るずぼら飯。

 

「鶏ハムと色々やさいの甘酢ソース掛け」と「混ぜるだけのひじきご飯」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茹でて、ほっておいた鶏ハムをレンジで少しあたためて。
面倒であれば、市販のサラダチキンでも!
冷蔵庫にある野菜を切って、2分ほどささっと茹でる。

野菜を切るのも面倒な時は、ここで奥の手。切り干し大根!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま歯ごたえが残るくらいに、ささっと茹でて。

ぎゅっと水気を切ったら、野菜を並べて、鶏ハムをのせて。
お好きなドレッシングをかけて召し上がれ。
昨日は、オイスターソースと醤油、酢、砂糖、ごま油で、ちょっとすっぱめのタレにしました。


切り干し大根。煮物によく使われると思いますが、さっとゆでるとサラダにも。

酸味を効かせたタレでも、マヨネーズ風味でも、どちらもおいしい。
くたくたじわっとした煮物もおいしいですが、シャキシャキ歯ごたえのこちらもいけます。
そして、食物繊維も豊富。
何より包丁使わなくてもいいし、保存が効くと、いいことづくめ!

混ぜるだけのひじきご飯は、その名の通り、市販のひじきの煮物パック(よくコンビニなどで見かけるもの)をご飯に混ぜて、塩をちょびっと。
はい、おしまい。のずぼら飯ですが、なかなかこれがいけるんです。
少しご飯は固めのほうが、煮汁と合わさったときの具合が、いいかもしれません。

 

めんどくさいけれど、ご飯は明日の力。
疲れたときは、市販のものを利用しながら、上手く手抜きしちゃいましょう。
ということで、ずぼら飯の紹介でした。

 

まだまだ、インフルエンザは流行中です。
明日からあっという間に2月。
忙しい時ほど、栄養・睡眠に気を付けて乗り切りましょう!

 

 

豊島区、池袋至近、西武池袋線東長崎駅前徒歩30秒│内科、消化器内科、内視鏡内科│胃カメラ、大腸カメラ、カプセル内視鏡、腸内洗浄、腸内フローラ検査
東長崎駅周辺にお住いの方以外にも、椎名町、江古田、桜台などの西武池袋線沿線や要町・千川・小竹向原・新桜台などの有楽町線沿線、東武東上線沿線にお住いの方々にもご利用いただいております。
171-0051
東京都豊島区長崎4-7-11マスターズ東長崎1階
東長崎駅前内科クリニック
Tel 03-5926-9664

TOPへ