こんにちは!エビスタ小児科スタッフです!
最近は、日中は暑い日が増えてきて、

夏に近づいていることを感じる日が多いですね。

急激な気温の変化での体調不良には、

十分お気を付けください。

さて、クリニックには連日

たくさんの患者さんが受診されます。

開院して3年少し経ち、地域の小児科クリニックとして

患者さんの中に定着してきているのを感じると、とてもうれしく思います。

 

 

しかし、患者さんが増えるとその分増えていくのが「待ち時間」です。

以前は子供たちが待ち時間も退屈しないよう

キッズスペースにおもちゃや絵本を設置していました。

コロナ禍後は、感染予防の観点から置いていません。

 

 

そこで、

待ち時間を少しでも楽しんでもらうにはどうすればいいか

スタッフで考えました。

 

その結果、院内の至る所に間違い探しや迷路など

視覚で楽しめるゲームを設置して

楽しく待てるよう工夫しました。

 

今では待ち時間に、

間違い探しをしている姿をよく見かけるようになりました。

「どっちが先に全部見つけられるか競争しよう!」

と言って、親子で楽しんでくれている姿も見かけます。

 

「持って帰ってやりたい」

とまでは言ってくれている子も…!

 

 

また時々間違い探しの種類を変えたり

貼る場所を変えたり、

飽きないようにも工夫しています。

 

 

その他にも、院内掲示を季節ごとに変えたり

キャラクターを置いたり、いろいろな案を考えて実行しています。

 

スタッフ1人1人が患者さんの立場に立って、

よりよいクリニックになるようアイデアを出し合い

日々業務に臨んでいます。

 

地域の患者さんの為、よりよいクリニック作りを担う一員に

あなたもなってみませんか?