ロタウイルス胃腸炎

原因

ロタウイルス胃腸炎ロタウイルス胃腸炎は、乳幼児に起こるロタウイルスというウイルスが原因で発症します。

冬の時期に流行しやすい感染力の強い病気で、特に冬の後半から春先にかけてロタウイルスによる胃腸炎が流行します。

世界中のほぼ全員が5歳までに一度は経験するといわれており、日本ではロタウイルス胃腸炎による入院で小児の30%が0歳児、40%が1歳児と言われています。

症状

  1. ・激しい嘔吐から始まることが多い
  2. ・便の色が白くなり(米のとぎ汁のような)1日に何度も下痢をする
  3. ・発熱や腹痛、食欲不振など
  4. ・症状が治まるまで約1週間程度必要です
  5. ・合併症で脱水やけいれん、腎不全、脳炎、脳症になる恐れがあります

治療

特効薬はないため体の自然治癒を助ける治療を行います。

また、他の胃腸炎よりも回復に時間がかかります。

脱水を予防するために経口補水液を少量ずつこまめに与えてあげてください。


嘔吐が激しく飲み物が飲めない場合には点滴治療が必要になる場合もあります。

ご家庭で気をつけること

お薬を処方しますが、ご家庭での水分補給が何より重要です。次回の受診時までにご家庭で飲んだ水の量や回数、便や尿の回数を記録して持参してください。

  1. ロタワクチンを投与すればロタウイルス感染症による重症化を大幅に減らすことができます。ワクチンの投与期間が限られますが、ぜひお子様のためにもワクチン投与をご検討ください。

  2. ロタリックス(2回接種):10,000円(税別)
  3. ロタテック(3回接種):6,000円(税別)

ロタリックス接種予診票ダウンロードはこちら