「おたふくかぜ」

原因

おたふくかぜは別名、流行性耳下腺炎といいます。おたふくかぜの正式名称は流行性耳下腺炎といいます。
ムンプスウイルスに感染することで発症します。主に耳から頬の下や、あごの下辺りが、おたふくのように腫れあがって痛みを伴う病気です。

症状

感染してから症状が出るまでの潜伏期間が約2~3週間あります。

最初は耳の下、あごの下辺りに痛みが生じ、腫れてきます。
腫れ自体は約1週間~10日間でおさまることがおおいですが、発熱、頭痛、腹痛を伴うこともあります。

治療

特効薬はないので、対症療法を行います。合併症もあり、登園・登校できませんので、症状が出たら小児科を受診するようにしてください。

ご家庭での注意点

おたふくかぜは、とても感染力が強く空気感染する病気なので、外出はなるべく避けて、お家で安静にし、頬を冷やすなどしてください。おたふくかぜは、とても感染力が強い病気なので、外出はなるべく避けて、お家で安静にしてください。頬を冷やしても良いです。痛みが強くて、食べ物をかむことが難しければ、食事をやわらかくするなどの配慮をしてあげて下さい。高熱でなく元気があれば入浴してもかまいません。 また、おたふく風邪は合併症(髄膜炎・高度難聴・脳炎・精巣炎・卵巣炎)にも注意が必要ですので、お子さんの様子をよく観察してください。

下記の症状がある時は再度受診するようにしてください。

  1. ⑴ 1週間以上経過しても、耳の下の腫れがおさまらない
  2. ⑵ 耳の下の腫れが赤くなっている
  3. ⑶ 強い頭痛、頻回な嘔吐がみられる
  4. ⑷ 熱が5日以上も続いている
  5. ⑸ 突然耳が聴こえなくなる、子どもがテレビに近づいて片耳を寄せて聴いている様子が見受けられる
  6. ⑹ 睾丸、下腹部の痛みがある