「水痘(みずぼうそう)」

原因

水痘・帯状疱疹ウィルスの感染が原因で、とても感染力が強い疾患です。

症状

水痘・帯状疱疹ウィルスの感染が原因で、とても感染力が強い疾患です。 症状が出るまでの潜伏期間は14日とされています。
経過の流れとしては、微熱が12日出た後に、赤いブツブツの紅斑があらわれ、少し盛り上がった状態の丘疹ができ、水痘へと変わり治るとともにカサブタへと進行していきます。かゆみを伴い、平均して1週間でよくなっていきます。症状がひどい時には高熱が25日続くこともあります。

治療

抗ウイルス薬の内服と外用薬を処方します。
水痘にかかった子どもと接した場合は、3日以内でしたらワクチン接種も有効です。

ご家庭での予防法

・熱や水痘が増えている間はシャワーにして、擦らないようにしてください。

・とても強いかゆみを感じますので、とくに注意してお子さんの爪を短くしておき、ひっ掻いてかきこわさないようにしましょう。

・すべての発疹が黒いカサブタにならないと登園・登校は出来ません。受診して医師の許可をもらいましょう。