「アトピー性皮膚炎」

症状

アトピー性皮膚炎の症状とは?

アトピー性皮膚炎は「赤くなる」「小さいブツブツができる」「皮膚がカサカサむける」「皮膚が厚くなる」「かさぶたができる」などと言ったかゆみのある湿疹が慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。


赤くなる

小さいブツブツができる

皮がカサカサむける

皮膚が厚くなる

かさぶたができる

慢性的とは、1歳未満であれば2か月以上、1歳以上の方であれば6ヶ月以上継続している状態を指します。かゆみのある湿疹が左右対称に現れやすいのもアトピー性皮膚炎の湿疹の特徴で、年齢によっても症状が現われやすい部位は変わります。

 

年代別症状の現れやすい部位

乳児
頭/顔/首
ひどくなると
胸/背中/手足など

幼児・学童
首のまわり/臀部(お尻)
ひじの間接・内側
ひざの関節・裏側

アトピー性皮膚炎をしっかり治療することが「ぜんそく」の予防に有効!

アトピー性皮膚炎をきちんと治療せずにそのままにしていると、湿疹の部位からダニや食物などの成分が体内に入り、アレルギーを起こしやすくなります。
湿疹の程度が軽い場合でも、早期からしっかりと治療して昨日を回復させることにより他のアレルギーの病気を予防できるのではないかと期待されています。
アトピー性皮膚炎の治療には適切なスキンケアと薬物療法が大切です。

治療

アトピ-性皮膚炎の治療は、大きく3つに分かれます。

1:保湿剤等によるスキンケア

保湿剤にはいろいろな種類があるので、自分に適した保湿剤を選択することが重要です。

2:薬物療法

アトピー性皮膚炎主にステロイド外用剤を中心とした塗り薬で治療します。
ステロイド外用剤は正しい使い方をすれば怖い薬ではありません。きちんと塗ることが大事です。

3:悪化因子への対策

汗、ダニなど悪化因子への対策も重要です。
また、日常生活上の注意点として以下のようなことに気をつけましょう。

  1. ⑴ 毎日入浴をする
  2. ⑵ 長時間紫外線を浴びない
  3. ⑶ 症状が悪化している時の砂遊びやプール遊びは避ける
  4. ⑷ 爪をまめに切る
  5. ⑸ 汗は早くシャワーで流す(夏場は特に)
  6. ⑹ 保湿剤塗布でスキンケアする