口腔乾燥症

口腔乾燥症とは、唾液(だえき)の分泌量が低下することで唾液の質にも異常を来し、喉(のど)が渇いたり口の中が乾燥して、痛みや不快感が生じることです。
口腔乾燥症は、男性よりも女性に多く現れやすい症状で、日本での患者数はなんと800万人とも言われているにもかかわらず、口の乾きを病気だと思っていない方が非常に多いのが現状です。

口腔乾燥症の症状

口腔乾燥症口腔乾燥症の主な症状は、クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品がうまく飲み込めないといった嚥下(えんげ)障害、口の中がネバネバしたり、唇・舌・口の中の粘膜の乾燥により、夜中に口の中が乾いて何度も目が覚める、味覚に障害が出てごはんが美味しくない――などです。
そのほか、カンジダ菌の増殖による舌の痛みや口角炎(こうかくえん)、歯周病やむし歯になる、入れ歯の不適合や装着時の疼痛(とうつう)、舌苔(ぜったい)の肥厚、口内炎や口臭、さらには誤嚥性肺炎や心臓疾患を引き起こす原因になることもあり、決してあなどれないのが、口腔乾燥症です。

口腔乾燥症の原因

自己免疫に関係する病気である「シェーグレン症候群」の口腔症状としてよく知られていますが、本症の多くは、薬剤の副作用、加齢や更年期障害、糖尿病・腎臓疾患などの全身的な病気、口腔周囲の筋力の低下、ストレスや不規則な生活――など複合的な要因で発症します。

口腔乾燥症の検査と診断

安静時唾液分泌量(基準値1.5ml/15分)、刺激時唾液分泌量(基準値10ml/10分)、ガーゼを噛(か)んで唾液分泌量を測るサクソンテスト(基準値2g/2分)を測定し、分泌量が基準値以下の場合は口腔乾燥症と診断します。

口腔乾燥症の治療

口腔乾燥症は、原因により治療は異なりますので、まずは原因を突き止めることが肝心です。
シェーグレン症候群の1つの症状であれば、唾液分泌促進薬や漢方薬の効果が期待できます。
すでに服用しているお薬の副作用である場合は、そのお薬を処方している医師に相談したうえで、そのお薬を変更してもらうことがいいでしょう。
対症療法として、人工唾液、口腔保湿・湿潤剤(しつじゅんざい)などにより口腔内の保湿を心がけたり、水分の補給、唾液腺マッサージなどのリハビリテーション、人口唾液、唾液分泌を改善する薬剤の使用などがあります。
また、歯科医院で作成できる保湿装置(モイスチャープレートなど)は、唾液の蒸発を防ぎ、夜間の乾燥感に有効です。
必要に応じて歯科医院をご紹介しています。

Page Top