喉(のど)の異常感・声のかすれ

喉の異常感

喉の異常感とは、つかえる感じ、違和感、異物感、圧迫感、腫れた感じ、イガイガする、ヒリヒリする、何となくおかしい感じ――などなど、様々な形で表われます。

喉の異常感の原因

正常咽頭症状によって、どんな原因で起こっているのか、また、どんな病気で起こっているのか異なります。
腫れた感じやイガイガする、ヒリヒリする、痛むといった場合は、扁桃炎(へんとうえん)や咽喉頭炎(いんこうとうえん)、気管支炎――などの初期であることが多いと言えます。
また、つかえる感じや違和感、異物感、圧迫感――などを感じる場合では、声帯ポリープや悪性腫瘍、気管支喘息(ぜんそく)、アレルギーが関連していたり、脳・脳神経の変性疾患や脳腫瘍などにより、喉の感覚異常・運動障害が生ずることもあります。

最近よく耳にする病気に「逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)」という消化器の病気がありますが、胃液が食道に逆流するこの病気でも、喉に異常感を感じることがあります。
このほか、ストレスによる自律神経系の乱れから、口内が異常に乾燥して喉まで炎症が及ぶほか、喉に何かがつまっているように感じられ、気に掛けると一層大きくなるようであるものの、食べ物を飲み込むのには全く支障がないといった場合には、「ヒステリー球」といって、喉の一部が緊張して微細に痙攣(けいれん)している状態になることもあります。
喉の異常感で特に注意を要するのは、食べ物が飲み込みにくく、首にしこりがある場合で、重大な病気が隠れていることがあります。
このように喉の異常感の原因は様々であり、場合によっては、それが重い病気のシグナルの1つであることがあるのです。
したがって、喉に異常感を感じたら、まずは、クリニックを受診することが大切です。

喉の異常感の診断

のどのかすれ

喉の違和感で最も問題となるのは、喉に悪性腫瘍がある場合です。
そこで、まずは電子ファイバースコープや超音波エコー検査などで喉の状態を観察し、腫瘍の有無などを確認します。
タバコを吸う、大酒を飲むといった方では悪性腫瘍のリスクが高くなりますので、そのような方では特に注意が必要です。
この検査で腫瘍がないと確認された場合には、問診、場合によっては血液検査で、炎症性のものか、心因性のものかを診断します。

喉の異常感の治療

治療は原因に応じてさまざまです。
扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎などの場合には、喉の炎症を抑えるお薬、場合によっては抗生剤などを投与するほか、耳鼻咽喉科ならではのネブライザー治療を行います。
ネブライザー治療は、霧状にしたお薬を口から吸入することで、患部に直接お薬を当て、患部に効率よく作用させる治療です。
風邪で咽喉頭炎が起きた場合も、内科でなく耳鼻咽喉科を受診すると、ネブライザー治療を受けられるので、より早く症状を楽にすることができます。
次に、声帯ポリープや悪性腫瘍の場合は、次の「声のかすれ」で詳しくお伝えしますので、参照してください。
ストレスが原因のヒステリー球の場合は、生活習慣を見直すとともに漢方薬を服用することで徐々に改善されることもありますが、一度、神経内科などの専門医の診断を受けることが必要と考えます。
原因はさまざま、治療もさまざまな喉の異常感ですが、いずれの場合も早期発見、早期治療が一番です。


声のかすれ

声のかすれ声のかすれのことを医学的には嗄声(させい)と言います。
喉には喉頭(こうとう)という器官があります。

また、喉頭には声帯(せいたい)という器官があり、下図のように息を吸うときには声帯が開き、発声のときには声帯が閉じて息を吐く時の圧力を利用して振動することにより声が出るような仕組みになっています。

声帯

次に、左の画像は正常な声帯です。
この声帯に何らかの異常が起こると、声がかすれてきます。

声のかすれの症状と原因

しわがれ声、がらがら声、弱々しい声――などの普段の音声と異なる音声になる状態を嗄声と言いますが、風邪のより声帯に炎症が起きて声がれが起こっている場合のほか、歌手や学校の先生・保母さんなど長時間声を使う職業の方に多い声帯ポリープ・声帯結節(けっせつ)のほか、喫煙が関係する喉頭がん、甲状腺がんによる神経麻痺(まひ)、加齢による声帯萎縮(いしゅく)――などが主な原因です。
風邪からくる声帯の炎症の場合には、声を出さずに安静にしておけば、風邪が治るとともに数日で回復しますが、声帯ポリープや声帯結節、喉頭がんなどが原因の場合は長期に渡って声のかすれが続きます。
風邪症状はほかにないのに、数週間経っても声がれが治らないようであれば、ためらわずに耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。

声がれの原因となる病気

声帯ポリープ

歌手、カラオケでよく歌う方、学校の先生、保母さん――など声をよく使う職業に多い病気です。
声は声帯を閉じて振るわせることで発声しているのですが、声を使う頻度が高いと、声帯の一部分にだけ負担がかかり、声帯にポリープができます。

声帯ポリープの症状

主症状は嗄声です。
声の質は、空気がもれる感じで、やや低音になります。
また、発声した声が途中で止まってしまうこともあります。
ポリープがかなり大きくなると、非常に稀ですが呼吸困難を起こすことさえあります。

声帯ポリープができると声が出にくくなる理由は、ポリープが邪魔をして声門がうまく閉じなかったり、声帯がポリープのせいでうまく振動しなかったりするからです。
なぜ、声をよく使うとポリープができるのかというと、まず、声の酷使や炎症により声帯の粘膜に充血が起こります。
充血が起こった状態で、さらに大声を張り上げたりして、声帯に激しい機械的刺激が加わると粘膜の下に血腫ができて膨れてきます。
このような状態で十分な安静が得られれば血腫は自然に吸収されるのですが、それにかまわずに大きな声を出し続けるとポリープになってしまいます。
もともとの体質にもよりますが、喉に力を入れて発声するなど発声法が悪い場合や、声を酷使する方、喫煙される方に、声帯ポリープができやすいという傾向があります。

声帯ポリープの診断

耳鼻咽喉科の医師なら、患者さんの声を聞けばだいたい予想は付けられますが、内視鏡検査で声帯を観察することで確定診断できます。

声帯ポリープの治療

声の酷使が原因ですので、まずは、発声を控えることが肝心です。
治療を行っても発声法が悪いと治らなかったり再発しやすくなります。
声帯を安静に保つと同時に、正しい発声法を身につけることも重要です。
ポリープができたばかりの方には、沈黙により声帯の安静を保つと同時に、ネブライザー治療や炎症を抑えるお薬の服用を行います。
慢性化して治らない場合は、手術となる場合がありますので、早期に治療を開始することが重要です。

心がけること

治療の基本は、いかに声帯に負担をかけないようにするかです。
声を出さないのに越したことはありませんが、社会生活を営む上で声を出さないわけにはいきません。
そこで、声帯に負担を掛けない正しい発声を心がけるようにしましょう。
具体的には、発声の時に喉に力を入れないことです。
重症の方の場合でも手術後は良い音声が戻りますが、従来と同じように声帯を使えばまた再発します。
ポリープを作らないようにするのは患者さん自身であることを覚えておいてください。
また、風邪をひかないようにすることも大切です。


声帯結節

声帯ポリープと同様に、声をよく使う方に多い病気で、特にお子さんの声がれのほとんどはこの声帯結節です。
声帯の酷使により、両側の声帯の前3分の1あたりに結節というものができるのがこの病気です。
結節は、手のひらにできるマメのようなものとイメージしていただければよいと思います。

声帯結節の症状

嗄声が主症状で、少し空気がもれるような、やや硬い感じの声になります。
また、日によって声の調子が変わりやすく、長く喋っていると出にくくなる場合が多いようです。
時には、喉の痛みを訴えられる方もいらっしゃいます。
声帯の前3分の1あたりが発声時にもっとも大きく振動する部分なのですが、そこに結節ができて硬くなるとうまく振動しなくなってしまい、声がれが起こります。
また、結節が大きくなるとポリープと同様に声門閉鎖がうまくいかなくなることも大きく関係しています。
手のひらにマメができるように、機械的刺激が続くことにより粘膜上皮が硬くなり、粘膜下に液の貯留や線維化が起こり腫れることで、結節はできます。
声帯ポリープ同様、風邪などがきっかけとなることも多く、喉が炎症を起こして声が出にくくなっているにも関わらず、声を出し続ける、声が出しにくいから声を張り上げようとして余計に声帯に負担をかける――この悪循環が声帯の酷使を生み、結節ができてしまうのです。

声帯結節の診断

耳鼻咽喉科の医師なら声を聞けばだいたい予想は付けられますが、内視鏡検査で直接声帯を観察して確定診断します。

声帯結節の治療

声帯ポリープと同様の治療を行います。
声の酷使が原因ですので、やはり、まずは発声を控えることが肝心です。
治療を行っても声の出し方が悪いと治らなかったり再発しやすくなります。
声帯を安静に保つと同時に、正しい発声法を身につけることも重要です。
結節ができたばかりの方には、沈黙により声帯の安静を保つと同時に、ネブライザー治療や炎症を抑えるお薬の服用を行います。


反回神経麻痺(はんかいしんけいまひ:喉頭麻痺)

喉にある声帯の開け閉めをはじめとする喉の周辺をコントロールしている神経を反回神経(はんかいしんけい)と言いますが、その神経になんらかのダメージがあると、声帯はうまく開閉しなくなってしまい、声がかすれます。

反回神経麻痺の症状

声帯は、通常、発声時には左右の声帯が中央方向に近寄って気道が閉じられて、呼気により声帯が振動して声が出ます。
また、食べ物を飲み込む嚥下(えんげ)時には、食べ物が気管に入り込まないように左右の声帯は強く閉じられて気道を完全に閉鎖します。
ところが、反回神経麻痺になると、空気が抜けてスカスカした感じの声になったり、嚥下の際には、声帯が閉じないので、食べ物が気管に入る誤嚥(ごえん)やむせるといった症状が起こります。
両側の反回神経が障害されて左右の声帯が閉じかけたまま麻痺して動かなくなると、気道が狭くなるため呼吸困難や喘鳴(ぜんめい:ゼーゼーという呼吸音)が起こります。

反回神経麻痺の原因

声帯を動かす反回神経は、脳幹(のうかん)から枝分かれして頭蓋内から下降してきています。
そして、一度そのまま声帯の横を素通りして胸郭(きょうかく)内に入り、左側では大動脈弓、右側では鎖骨(さこつ)下動脈の部分で折れ返って食道の両脇を上行し、甲状腺(こうじょうせん)の裏側を通ってから、声帯の筋肉を支配する――という複雑な走行をしています。
そこで、その経路のどこで障害が起こっても反回神経麻痺が発生します。
例えば、脳幹付近の頸静脈孔腫瘍(けいじょうみゃくこうしゅよう)、頸部の甲状腺腫瘍、胸部の肺がん、食道がん、乳がんなどによる縦隔リンパ節転移、弓部大動脈瘤(きゅうぶだいどうみゃくりゅう)――などです。
いずれの場合も、重大な病気ですので、反回神経麻痺と診断された場合には、原因を徹底的に調べる必要があります。

反回神経麻痺の検査・診断

内視鏡検査で声帯の動きを観察することで分かります。
原因を特定するためには、頸部、胸部のX線検査やCT、食道造影、上部消化管内視鏡検査などが必要です。
原因が見つかったら、その治療を優先し、それがある程度終了した時点で反回神経麻痺の治療を受けることになりますので、まずは、連携している専門の医療機関をご紹介しております。


声帯萎縮

声帯萎縮とは、声帯の容積が減少することにより声を出そうとしても左右の声帯がうまく閉じられなくて隙間ができてしまう状態をいいます。

声帯萎縮の原因

声帯萎縮を起こす代表的な病気は、声帯麻痺、声帯溝症、加齢に伴う変化――などです。声帯溝症とは、声帯の粘膜の縁に前後に走る溝状の凹みができてしまったもので、生まれつきのこともありますが、炎症などが原因となって生じることもあります。
また、加齢に伴って、声帯全体が弓状に萎縮してきてしまうことがあり、女性より男性に多くみられる症状です。

声帯萎縮の症状

嗄声、声が出しにくい感じ、発声が弱弱しい感じ――などです。
これも内視鏡検査で診断できます。

声帯萎縮の治療

保存的治療として、声帯に強い力が働くようにする訓練を行う音声治療があります。
そのほか、外科的治療(手術)として、アテロコラーゲン、自家脂肪などを声帯内に注入する方法があります。
術後は、音声療法により発声練習などが重要となります。


喉頭がん

喉頭がんは、耳鼻咽喉科領域の中では最も発生率の高いがんです。
女性よりも男性に圧倒的に多く、原因の1つとして、たばこやお酒との関連性が高いと考えられています。
特に、たばことの相関性は高く、ヘビースモーカーの方は喉頭がんは要注意の病気の1つと言えるでしょう。

喉頭がんの症状

声のかすれを生じることが多く、かすれ声が2週間以上続く場合には注意が必要です。
また、進行してくると、食べ物を飲みこんだり呼吸をするのが困難になります。
ときに、がんがリンパ節に転移して首にしこりができ、他の症状より先にそのしこりに気づくこともあります。

喉頭がんの診断・治療

まず、声がすれの原因が何かを見極める必要があります。
耳鼻咽喉科では、喉頭内視鏡(ファイバーカメラ)によって声帯の観察を行い、実際に発声をさせることによってその原因を見つけます。
治療としては、吸入や投薬による保存的治療、声の出し方を指導する声のリハビリテーション(腹式呼吸法)、手術――などの方法があり、症状や程度によってそれらを組み合わせて治療を行います。

この症状に不安のある方へ

順番受付をする

それぞれのクリニックをクリックすると
ホームページが開きます。
ネットでの受付もできますのでご利用ください。

JR芦屋駅直結梅華会耳鼻咽喉科クリニック
JR芦屋駅直結
梅華会耳鼻咽喉科
クリニック
Tel:0797-32-3341
芦屋市船戸町 モンテメール西館6階
P
武庫之荘駅前梅華会耳鼻咽喉科クリニック
武庫之荘駅前
梅華会耳鼻咽喉科
クリニック
Tel:06-6432-3341
兵庫県 尼崎市南武庫之荘1-13-3
P
西宮市苦楽園口梅華会耳鼻咽喉科クリニック
西宮市苦楽園口
梅岡耳鼻咽喉科
クリニック
Tel:0798-70-3341
兵庫県 西宮市樋之池町22-2
P
阪神西宮駅前梅華会耳鼻咽喉科クリニック
阪神西宮駅前
梅岡耳鼻咽喉科
クリニック
Tel:0798-22-3341
兵庫県 西宮市田中町5-10
P
神戸本山うめはなこどもクリニック
神戸本山
うめはなこども
クリニック
Tel:078-412-3745
兵庫県神戸市 東灘区北青木2丁目1-32
P
閉じる
Page Top