アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜で起こるアレルギー反応で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3大症状が繰り返し起こるのが特徴です。
主として「通年性」と「季節性」があり、後者の代表的なものが花粉症です。
アレルギー性鼻炎というくらいですから、何らかの物質にご自身の免疫反応が過剰に作用して、連発するくしゃみ、止まらない鼻水、鼻づまり――といった症状が起こるのですが、空気が乾燥したり、急激な温度差だけで起こるアレルギー性鼻炎もあります。

季節性のアレルギー性鼻炎「花粉症」については、別項目で取り上げますので、ここでは通年性のアレルギー性鼻炎についてご説明します。

アレルギー性鼻炎の原因

ハウスダストアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を起こす原因である物質を「アレルゲン」と言います。
通年性アレルギー性鼻炎の主なアレルゲンは、ほこりやカビ、ダニなどのハウスダストと呼ばれるものですが、中でも多いのはダニです。
このほか、猫や犬などのペットの毛もアレルゲンとして知られています。
これらの物質にアレルギーのある方は、アレルゲンが鼻に入ると、アレルゲンの侵入を防ぐかのように鼻がつまったり、くしゃみや鼻水でアレルゲンを体の外に追い出そうと反応します。
つまり、アレルギー性鼻炎は体内にアレルゲンが入らないようにする一種の防御反応として起こっているのです。

この防御反応には個人差があり、アレルギー性鼻炎をお持ちの方の場合は、過剰に反応してしまっている状態というわけです。

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎アレルギー性鼻炎の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。
アレルギー性鼻炎で起こるくしゃみは一度出始めると何回も繰り返し、鼻水は水のように流れ出ます。
そして、ひどくなると鼻がつまって、全く鼻で息ができなくなってきます。
これらの症状は、鼻の粘膜に存在する肥満細胞と呼ばれる細胞から、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン――などの化学伝達物質が放出されることで起こります。

ヒスタミンは、鼻の神経を刺激してくしゃみや鼻水を、また、ロイコトリエンやトロンボキサンなどは、血管を刺激して鼻づまりを引き起こすと考えられています。
そして、それらの症状に伴って、夜間の睡眠不足、集中力の欠如、イライラ感など心理的な影響を受ける方もいらっしゃいます。
さらに、常に鼻炎を起こしていることで、慢性副鼻腔炎、いわゆる「蓄のう症」を合併することも稀ではありません。
また、幼児では耳と連絡している耳管が短く太いので、急性中耳炎や滲出性(しんしゅつせい)中耳炎を伴うことさえあります。

アレルギー性鼻炎の診断

問診と合わせて、鼻鏡検査、採血による血液・鼻汁好酸球(びじゅうこうさんきゅう)検査などを行い、アレルギー性鼻炎がどうかを診断します。 問診では、いつごろから症状が始まったか、季節との関連性、症状やその程度、過去の病歴、気管支喘息(きかんしぜんそく)、アトピー性皮膚炎などのほかのアレルギー性の病気の有無、家族の病歴――などを伺います。 また患者さんの訴える、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状の程度により、①くしゃみや鼻水が主な症状の「くしゃみ・鼻水タイプ」、②鼻づまりがひどい「鼻づまりタイプ」を区別し、それぞれの重症度などを判断します。

問診で判断する重症度

くしゃみ・鼻水タイプ

1日のうちでのくしゃみの回数、もしくは鼻をかむ回数で判断します。

軽症:1日に5回未満
中等度:1日に 5回以上
重症:1日に10回以上

鼻づまりタイプ

1日のうちでの口呼吸をする割合を参考にします。

軽症:口呼吸を必要としないものの鼻づまりを少し感じる
中等度:時々口呼吸を必要とし、鼻づまりも強い
重症:頻繁に口呼吸を必要とし、鼻づまりも非常に強い

鼻鏡検査とは、専用のスコープを使って、直接鼻の粘膜の状態を観察する検査で、通年性のアレルギー性鼻炎では、鼻の粘膜が全体的に腫れあがって白っぽく見え、透明の鼻水が出ているのを直接見ることができます。
この時、副鼻腔炎、鼻ポリープなどの他の病気の合併がないかも合わせて観察します。 また、アレルギー性鼻炎では、白血球の一種である好酸球(こうさんきゅう)という細胞が血液中や鼻水の中に増加していますので、血液・鼻汁好酸球検査では、血液や鼻汁の中の好酸球が増えていないかを調べます。
次に、アレルギー性であることが分かれば、何がアレルゲンになっているかを検査します。
この検査には、皮膚テスト、血清特異的IgE抗体検査、鼻粘膜誘発検査――などがあります。
血清特異的IgE抗体検査は、採血をしてアレルギーと関係するIgEという抗体がどんな種類のアレルゲンと結びつくかを調べるものです。
鼻汁好酸球検査で鼻水の中の好酸球増加、そして、血清特異的IgE抗体検査で症状の原因となるアレルゲンが証明されればアレルギー性鼻炎と確定診断できます。
なお、原因となるアレルゲンを明らかにすることは、今後の治療ばかりでなく、生活環境を整えてアレルギー性鼻炎を予防する上でも重要なことです。

アレルギー性鼻炎の治療

治療の目標は、多少症状はあっても日常生活には支障がなく、薬もあまり必要としない状態に持っていくことです。
目標を達成するには、薬物療法、手術療法、アレルゲンの除去と回避――などがありますが、実は、このうちの原因となるアレルギーの除去と回避が一番の方法なのです。
ダニ、ハウスダスト、カビなどがアレルゲンとなっている場合は、こまめに掃除するなど、何よりもご自宅の住環境を改善していただくことが大切です。

薬物療法

アレルゲンの除去や回避を心がけても実際には完全に取り除くことは不可能なので、症状が続く場合は、薬物療法を取り入れます。
使用する治療薬は、アレルギー性鼻炎のタイプや重症度に合わせて、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、抗トロンボキサン薬、ステロイド点鼻薬――などを使い分けます。
以前は、口が渇く、眠気が強いなどの副作用があり、日常生活を送る上であなどれない問題でしたが、現在ではそういった副作用が改善された、体に優しいお薬が開発されています。

軽症:

抗ヒスタミン薬または抗アレルギー薬

中等度:
くしゃみ・鼻水タイプ

①抗ヒスタミン薬、②抗アレルギー薬、③ステロイド点鼻薬のうちの1つ。
ただし、必要に応じて①または②+③

鼻づまりタイプ

①抗ロイコトリエン薬、②抗トロンボキサン薬、③ステロイド点鼻薬のうちの1つ

重症:
くしゃみ・鼻水タイプ

ステロイド点鼻薬と抗ヒスタミン薬

鼻づまりタイプ

ステロイド点鼻薬と抗ロイコトリエン薬または抗トロンボキサン薬

このほか、必要に応じて漢方薬による治療も行っていますので、ご希望の方はご相談ください。

手術療法

手術療法には、レーザー手術、電気凝固法、凍結手術――などがありますが、当クリニックでは、レーザーによる治療を積極的に採り入れています。
レーザー治療は、鼻の粘膜にレーザーを直接照射してレーザーの熱で粘膜組織を変質させ鼻のアレルギーを起こしている場を減らすと同時に、鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くしようという治療です。
当院で用いているのは、術後の出血が無く、ほぼ無痛で照射できるCO2レーザーです。
レーザー治療に関しては専用のサイトをご覧になってください。

アレルゲンの除去と回避

日常生活の中で鼻に入るアレルゲンの量を減らすことが、鼻炎の症状を軽くする最も大切な方法です。
アレルゲンの除去と回避の仕方について、日本アレルギー学会のガイドラインですすめている方法をご紹介します。

ダニ、ハウスダスト、カビの除去

ほこりやカビを除去し、室内ダニが生息しにくい清潔な環境をつくることがアレルゲンの除去方法です。
①室内での掃除機がけでは、吸入したダニを再びまき散らさないように、排気循環式の掃除機を使いましょう。1回1平方メートル当たり20秒の時間をかけ週2回以上掃除します。
1平方メートル当たり20秒は、6畳のリビングの場合は3分30秒弱にあたります。
②ソファーやカーペットなどの敷物や畳はダニが生息しやすいので避け、フローリングにしましょう。
③ベッドのマット、ふとん、枕にダニを通さないカバーをかけるようにしましょう。
④部屋の湿度を50%、室温を20~25℃に保つようにしましょう。

ペットとアレルゲン対策

ペットはできれば飼わないのに越したことはないのですが、飼う場合には、犬なら屋外で飼育すること、猫であれば寝室には入れないことが重要です。
このほか、
①ペットと飼育環境を清潔に保つ、
②通気をよくし掃除をしっかり行う――ことも大切です。

注意すること

アレルギー性鼻炎の方には、ご家族の方もアレルギー性鼻炎という家族性が見られるとともに、気管支喘息やアトピーといった他のアレルギー疾患の合併が見られる場合が多いことも特徴です。
ご家族がアレルギー性鼻炎の方、他のアレルギー性疾患をお持ちの方は、特に注意が必要です。
症状が発症する前に、できるだけアレルゲンを体内に取り込まないような環境づくりに努めましょう。
また、不規則な生活リズムや、睡眠不足、過労やストレスはアレルギー症状を悪化させることが多く、これらを避けることは症状軽減に有効です。

梅岡耳鼻咽喉科クリニック レーザー治療専門HP

兵庫県西宮市内は元より神戸市・東灘区・灘区・中央区・兵庫区・北区・西区・長田区・須磨区・たつの市・三木市・三田市・丹波市・伊丹市・加古川市・加東市・加西市・南あわじ市・垂水区・姫路市・宍粟市・宝塚市・小野市・尼崎市・川西市・明石市・朝来市・洲本市・淡路市・相生市・篠山市・芦屋市・西脇市・豊岡市・赤穂市・養父市・高砂市など、遠方からもご来院いただいております。

Page Top