補聴器

難聴の方を補助する方法として有効な器具に「補聴器」があります。
難聴を起こしている病気自体を早期に治療すれば難聴も快方に向かうことが多いと言えるのですが、残念ながら、病気の後遺症として難聴が残ってしまうという場合もあります。
また、一口に難聴といっても、通常のヒトの声が聞き取りにくいという方から大きな声で話し掛けられても聞き取りにくいという方までその程度はさまざまです。
音が聞こえにくいのは、生活に不便なばかりか、安全にも支障を来します。
そこで、難聴にお困りで、完全に回復することが困難な方におすすめしたいのが「補聴器」です。

クリニックで補聴器導入するメリット

クリニックでは、さまざまな程度の難聴の方について、聴力検査をはじめとするいくつかの検査によって現在の難聴の状態を正確に把握した上で、補聴器の必要性があるのかないのか、必要あるとしたら適応があるのかを判断します。
今まで補聴器を使ったことがないという方には、まず補聴器の装用による効果の有無の判定を行います。
補聴器のよって効果が得られることが分かれば、スムーズな補聴器の装用に向けて、最適な補聴器の選択、調整、装用指導を行います。
デジタル化によって補聴器の性能は革新的に向上したものの、補聴器はまだまだ万人に有効で、万能の器械という訳ではなく、装着したとたんに誰でも快適に聞こえるというわけではないのです。
また、補聴器には、補聴器特有の聴こえ方があり、うまく使うためには、補聴器の聴こえ方に慣れることも重要になってきます。
例えば、これまでに慣れていた自分の声も違って、変に聞こえる場合もあります。
この点に関してはメガネと違い、作ったからといってすぐに良く使えるようになるというわけではないのです。
そこで、補聴器は、よりよく聴こえるようになるためには、聴こえ方に慣れるためばかりでなく、幾度かの器械の調整も必要で、そのために数週間が必要です。
つまり、自分に適していると思われる補聴器を試験的に使用していただき、「気に入った、使いやすい」と思えれば、その補聴器を購入していただければいいのです。
どうしても合わないと思えば、他の種類を試してみることも可能です。
新しく補聴器購入を考えられている方、また、現在使用中の補聴器に満足されていない方はお気軽にご相談ください。

補聴器の種類と特徴

補聴器の主な種類は、①耳穴型、②耳かけ型、③ポケット型――の3つです。

耳穴型

耳の穴のなかに入る小さな補聴器です。
軽度難聴の方から高度難聴の方までご使用いただけます。
既成のものもありますが、耳型を採って個人個人に合わせてオーダーメードするものが一般的で、注文から完成までに10日ほどかかります。
自分に合った耳穴型補聴器は、耳にぴったり納まり、形状が小さいので目立ちにくいというメリットがあります。
なお、耳から耳だれなどが出る病気の方の場合は使用できません。

補聴器
補聴器

耳かけ型

耳たぶの後ろにかけて装着します。
軽度難聴の方から重度難聴の方までご使用いただけます。
形状は大きなものから小さなものまで種類が豊富ですが、小さなものは耳たぶの後ろに隠れて目立ちません。
最近では、いろいろなカラーが選べておしゃれ感覚で楽しむこともできます。
ただし、夏季は汗による故障の可能性が他の種類に比べて大きいというデメリットもあります。

耳かけ形 補聴器
耳かけ形 補聴器
耳かけ形 補聴器

ポケット型

本体を胸のポケットなどに入れて、イヤホンを耳に装着して使用します。
中等度難聴の方から重度難聴の方までご使用いただけます。
形状が大きいので、お年寄りでもスイッチのON/OFFやボリュームの調整がしやすいというメリットがあります。
その反面、目立ちやすい、コードが邪魔になりやすい、衣服の衣擦れの音をマイクが拾いやすい――というデメリットがあります。

ポケット型 補聴器
ポケット型 補聴器

大きく3種類の補聴器ですが、それぞれの種類の中でもメーカーや形状、価格など多くの選択肢があります。
どのタイプの補聴器が適しているかは、患者さんが10人いらっしゃれば10通りと言えます。
比較的安価な補聴器がインターネットの通信販売やメガネ店などで市販されていますが、補聴器もメガネと同じで患者さん一人ひとりの聴力にあった補聴器を作らなければ意味がありません。
せっかく購入しても、自分に合わない補聴器は使い勝手が悪く、結局は使わないことになってしまいます。
また、中耳炎などの治療が必要な病気がないか確認することも重要です。
そこで、補聴器を購入するには、まずはクリニックを受診して、ご自分に適した補聴器を選ぶことが最もおすすめの方法です。

Page Top