こんにちは!

小児科スタッフのなかおです。

少しずつ寒さが和らぎ、

過ごしやすい季節になってきましたね。

 

先日公園に行くと菜の花が咲いていて、

少し春の訪れを感じることが出来ました。

花粉が飛び始める時期でもありますので、

皆さん体調の管理には十分お気を付けください!

 

 

今回は、梅華会の『小児科』についてご紹介します。

 

梅華会の小児科ってどこにあるの?

と思われるかもしれませんが、

実は神戸市東灘区に小児科1院目があります。

「神戸本山うめはなこどもクリニックです。

 

 

 

神戸本山のスタッフが力を入れているのが、

楽しいクリニック作りです!

 

小さなお子さんはお熱や風邪で病院に行く頻度が多いです。

その時に病院に行くのが嫌にならないように、

楽しく病院に来てもらうにはどうしたいいか日々考え、工夫しています。

 

もうすぐ「ひな祭り」ということで、

診察室の入り口にはスタッフお手製の

大きなひな壇がお出迎えしてくれます。


 

 

診察室の中に入るとたくさんのキャラクターたちが、

処置や検査を頑張るお子さんを応援してくれますよ!



 

その他ノロウイルスや水痘等、

感染力の高い病気にかかったお子さんも来院されるため、

隔離室が2部屋用意されています。

 

閉じ込められているような雰囲気にならないように

そして診察までの待ち時間が退屈にならないように、

隔離室専用のおもちゃをおいたり、

壁には間違い探しを貼ったり工夫を凝らしています。



 

まだ行ったことがない方も

少しでも梅華会の小児科を知っていただければ幸いです。

 

今春4月開院予定の「梅華会わくわくこどもクリニック」

よろしくお願いします!