医院で待ちたくない方へ

順番受付をする

初診の流れはこちら

院長紹介

初めての患者様へお伝えしたいこと

クリニックでの診療を始めるにあたり、自分が提供したい医療サービスとはどういったものなのか改めて考えてみました。
特に私が重要と考えることを3点お話しさせて頂きます。

① ガイドラインに基づいた標準的治療

医学は常に進歩しています。
実際、私が医師になった頃には当然とされていたことが今となっては行われなくなるということが往々にしてあります。
だからこそ、医師は診療を続けるかぎりは勉強を続けることが使命であると考えています。
また、最近では学会などがガイドライン(治療の指針)を疾患ごとに数多く作成しています。
そういったものに関しても常にアンテナを高く保って、皆さんに現時点で最新かつもっとも適切とされている医療を提供していきます。

② 病院との連携

耳鼻咽喉科の病気は大きく二つに分かれます。
大きな病院でないと治せないものとクリニックでも十分治せるものです。
後者に関しては病院ではなく、クリニックで丁寧な処置を継続した方がいい場合も多いです。
病院に紹介すべき病気の方は病院に紹介する、
クリニックで対応すべき病気に関してはこちらで丁寧に対応する。
その線引きを分かりやすくし、これまでの病院勤務医としての経験を活かして皆さんのお役に立てれば幸いに思います。

③ 患者さんに寄り添った医療

これは病院勤務医時代より私がもっとも心がけてきたことです。
患者さん・ご家族の訴えにしっかりと耳を傾けた上で二人三脚の医療に努めてきました。
例え同じ病気で治療やその結果が同じであったとしても、ご本人・ご家族に最後まで十分に説明し、理解・納得できていたかどうかといったところにも治療を行う上で高い価値があると信じています。

このような思いを胸に、この芦屋のクリニックでの診療を始めさせて頂きます。
数多くの方のご来院を心よりお待ちしておりますので、これから、どうぞよろしくお願いいたします。

Page Top